• LPG HYBRID CAR
  • LPGハイブリッド車 改造・販売

LPG車の歴史
日本で最初にLPG車が登場したのは1940年(昭和15年)ごろで、 戦争によって不足していたガソリンに代わる自動車用燃料として、プロパン及びメタンに注目が集まったことがきっかけでした。 戦後の1962年(昭和37年)、ガソリンに対して割安な燃料費や高オクタン価に目を付けたタクシー事業者が本格的に導入を開始したところ、 極めて良好な結果を得たことにより、LGP車は瞬く間にタクシー業界に広まりました。この傾向は現在でも続いており、タクシーのおよそ8割はLPG車となっています。

●●●LPGハイブリッド車とは
LPGハイブリッド車は、ガソリンとLPガスという2つの燃料(ハイブリッド)を効率よく利用して走る次世代の自動車です。 現在「ハイブリッド」というと、電動モーターとガソリンエンジンの2つの動力源を同時に装備している車が一般的です。 一方LPGハイブリッド車は、バイフューエル(Bi-Fuel)と呼ばれる、1つの動力源(エンジン)に、2つの燃料(ガソリンとLPガス)を用いる方式を採用しています。
●●●お財布にやさしい
LPガス(オートガス)の価格はレギュラーガソリンより4割ほど安いため、LPGをメインに使用すれば燃料費を大きく削減することが可能です。 例えば、現在の年間の燃料代が50万円かかっているとすると、1年間で20万円も削減できる計算になります。
LPガスの流通価格は軽油とくらべても圧倒的に低価格ですから、今のお車をディーゼル車に買い替えるよりも、LPGハイブリッドに改造したほうが圧倒的に燃料費の削減につながります。
●●●環境にやさしい
ガソリンに比べ環境性能に優れるLPガス。地球温暖化の原因とされるCO2の排出量は12%以上も少なく、人体に有害とされるPM (浮遊粒子状物質)や黒煙はほとんど排出されません。さらに、NOx窒素酸化物)の排出もごくわずか。国の正式な機関である 「(財)日本自動車輸送技術協会」にて排ガス試験を実施したところ、CO2は1/10に、硫黄酸化物は1/2に、NOxは38%もダウンすることが検証されました (トヨタハイエースにて実施)。
エコカーの代表格プリウスなどのハイブリッド車も、LPGハイブリッドにすれば、さらに「究極のエコ・ハイブリッド車」へと進化します。
●●●航続距離が長くなる
LPガスとガソリンの両方を使用できるLPGハイブリッド車は、それぞれの燃料をフルに使えばガソリンだけの場合より約2倍の走行が可能です。 燃料の補給は、LPGの補給場所であるLPGガスステーションが全国に約1,500カ所もありますので、お出かけ先でも心配ありません。万が一、 近くにLPGガスステーションが無くても、インフラが充実しているガソリンだけでも走行できるので安心です。
●●●安心の保証
改造するにあたって気にかかることの中に保証に関する事があるかと思います。保証については、メーカーの新車保証はそのまま適用されます。 LPG HYBRIDシステムについての保証は5年間または100,000kmです。もちろんLPG HYBRIDシステム以外の故障は、ディーラーやメーカーの保証も受けられます



●●●LPG HYBRID CAR LINEUP
LPG HYBRID CAR ラインナップ

  ☆LPGでエコに走ろう!☆

穴場へGO
Gas Tech
のり愛くん
ロータスクラブ
LPGスタンド検索
お問い合わせはこちら